「7月セッション キャンセル待ちお申込みは こちらへご連絡ください」

アカシックリーダーのつぶやき

気が滅入る時には

何となく気分が浮上できない、自分を責めてしまう。
時として、心がささくれる時がありますよね。

そんな時は、ゆっくりと深呼吸をしてください。 
横隔膜が上下しているのを意識しながら丁寧に呼吸をしていると、重く沈んだ心が軽くなっていることでしょう。
寝る前に行うと、リラックスでき心地よい眠りにつくことができ

浮上したいと思っていても、辛すぎて何もする気が起きない場合は、
まずはゆっくりと冬眠するように眠り、そして「笑う」ことです
「笑い」は魔を払う力があります。
「笑う」気力もない場合、「わははっ」と可能な限り大きな声を出してみてください。
呼吸が深くなり、身体のエネルギーの循環がスムーズになります。
エネルギーが循環することで、気持ちも軽やかに動き出すようになっている事でしょう。

記憶に残るような夢を見たときには

起きてからも、詳細に覚えている。リアルな感覚が残っている。辻褄が合わないけれど、何か気になる、または分かるような気がする。
そんな時は書き留めておくことで、後にその夢の意味やメッセージが分かることがあります。
夢占いで調べるという方法もよいのですが、ご自身だけが分かる、夢からのメッセージは万人共通とは言えないので、記録によって夢の傾向を掴むことができるようになります。

情報の選択

情報はリバーシのようなもので、何が正しく何が不正解かと正確さに重きをおくと、一片がひっくり返ると盤上は崩れます。 大切なのはあなたが今必要としている、その情報を得ること。その選択をし続けることです。

空白の時間を作る その1

乗りに乗っている時はガンガン進めてもOKです。
けれど何か急かされるような感覚があった時、何もしないことに不安を感じたときは、一旦休息をいれるタイミングです。
何もしない時間を作ってあげてください。 空いた時間に「YouTubeを観よう「本を読もう」などと思うかも知れませんが、頭を限りなくオフにしてあげる。
継続することを一旦切ってあげることで、頭の中に余白が生まれます。この余白はあなたのイマジネーションが広がる領域となる、挑戦する活力を取り戻す力となることでしょう。

空白の時間を作る その2

空白の時間に聴覚または視覚のどちらかを遮断するとより雑多なものが消え、内側に生まれるゆとりに気付かれることでしょう。
例えば耳を遮断します。
耳を休めると、外側の音は次第に遠のき、内側の音が聞こえてくることがあるでしょう、心臓の音だったり血流の音だったり、感性も研ぎ澄まされていきます。
聴こえてくる音に身を任せる。聴こえるままに委ねていくと心身が本来のベストな状態へと還ろうとしていきます。
このように視覚、もう少し精妙な感覚を遮断するのであれば、嗅覚、味覚。触覚を遮断してみるのもお勧めです。
日頃“生きる”という努力を重ねているあなたに修復する時間を積極的につくり、心身をセルフケアしてあげてください。

霊をみてしまったら

いつも同じ場所にいる、同じことをしている霊をみて、いつも目に留まってしまう場合は、どうぞ気に留めず前に進みましょう。
その霊はいわば情報です。記憶がとどまり同じ情報がリフレインし続けてしまっている世界の中にいるだけなのです。
あなたがその世界に入り込む必要はありません。
どうしても目が行く場合は、「情報が留まっているだけ。」と、ご自身に伝えてあげてください。
あなたの世界に戻りやすくなることでしょう。

直観を信じることが出来ない時

それはご自身の能力です。
能力を否定せず、「気のせい」と片付けることなく、ご自身の能力として認めてください。
この直観は、第六感ともいいますが、潜在意識が顕在化されている状態で、実は誰しも持っている能力です。
ご自身の本心が見えない状況だと潜在意識を捉えづらいのです。
本心を知ることが大切。必ずしも実行できる状況ではなくても、”本当はこう思っているんだな、こう感じているのだ”ということを知り続けることで、内側の声が拾えるようになってくるかも知れません。
機会を見て、もう少し詳しく書きますね。

お気に入りのパワーストーンの出会いかた

いい出会いのタイミングは自分が気分が良い状態の時です。
良い波動には良い波動が引き寄せられるので、気になったショップ、WEBショップを覗いてみてるとよいでしょう。
まずはこの石と定めず「いい子いるといいな」とざっと見て惹かれ子こがいたら、触ることが可能であれば、手のひらに乗せてみてください。
暖かさを感じる、気持ちが高揚する、何か広がるような感覚になるなどご自身が捉えた感覚が好ましい状態であれば相性が良いことが多いです。
触ることが出来なければその子をしっかり見ることで、伝わってくる心地によって判断できることでしょう。
ミネラルショーがあると出会いやすいのかも知れませんね。

意図設定のツールの一つとして選ぶことも可能です
例えば「素敵な彼氏が欲しいな」と思ってる方は、まずは「自分にとって最高のパートナーに出会いたい」とご自身の願望を明確にしてから、パワーストーンを探します。
パワーストーンを探すときには、「サポートしてくれる子はどこかな?」と気持ちを軽く探すと良いでしょう。
その時、効果に拘らずご自身が相性よさそうと感じた子を手に取ってみてください。
現在のあなたが、”補完したい何か””さらに豊かにしたい何か”にアプローチしているのかも知れません。

パワースポットを訪れた時

自然的なエネルギーが満ち溢れる場所、大地のエネルギーを得られる場所と言われているパワースポットですが、そこでエネルギーを受け取りやすくする方法があります。
できるだけ言葉少なく、静かにお参りすることで、その土地のエネルギーの波長が合う場を見つけやすくなることでしょう。気になる場所に足を運んでください。
惹かれる場所に着いたら心地よく感じるままに深呼吸し、土地の良い氣が体内に取り込まれているのをイメージし感じてください。
ゆっくり滞在し氣を取り込み馴染ませることで恩恵にあずかることでしょう。

パワースポットは万人が合うという訳ではありません。
訪れたけれど、恐怖を感じる、その場にいたくないと感じたのなら、速やかにその場を離れることをお勧めします。
あなたの五感を通して場のエネルギーの不一致さを伝えていることがあります。

また圧迫感を感じる、落ち着かない、などご自身にとって不快な感覚を感じたけれど、なにか後ろ髪が引かれるようだと思う場合、その時のあなたの状態が、その場に合わないと感じただけかも知れません。
再度訪れたいと思う時に訪れることによって、前回と異なった場のエネルギーを感じ得ることができることでしょう。

急に「音」や周囲の「気配」が無くなるといった現象にあう場合があります。
私は「ご神域に入った」という言葉を使いますが、「歓迎された」「ゾーンに入った」という方もいます。

この瞬間のあなたは変性意識状態で、周囲の高波動エネルギーに合っている状態です。
そんな時は無心に、そして目が向くままに焦点を合わせてください。
もしかしたら、神域ならではの息づくものに出会えるかも知れません。

パワースポットに呼ばれることがあります。
そのエネルギーに引き寄せられると、直観やインスピレーションが湧き、訪れるためのエネルギーが集まっているのを感じるでしょう。

その地に息づくもの

パワースポットを訪れると、エネルギーが満ちているからかその地にいる息づくものの存在を感じやすくなると思います。
その息づくものは、”人間に良いことをしよう”と行動するのではありません。
結果的に”人間にとって都合が良いだけ”なのです。

アカシックリーディングを学び始めたあなたへ

目の前にいるクライアントは、一列に大切なクライアントです。
あなたがリーディングで得た情報をあなたの声で伝えてください。
揺さぶられることがあろうとも「あなたが得た情報」として、あなたの言葉で伝えてください。
真摯であることは、クライアントとの信頼関係だけでなく、あなたがあなた自身につながり続ける「安心」となることでしょう。

こんな相談をよく受けます。
「人と研鑽したいけれど、自信が無く迷惑をかけるから出来ない。努力を重ねることに大きな意義があるとは思うのだけれど...」
頭で分かってはいても、その呪縛から逃れることが難しいこともあるでしょう。
まずは、ご自身が「リーディングをしたいのかどうなのか。」ということを問いてください。
「リーディングをしたい。」と思えたのなら、研鑽仲間に今の状態を伝えることも有効だと感じています。
口に出すことで、仲間からの言葉の他に、ご自身が相談内容の奥底にある感情があることに、気が付くかも知れません。
客観的な視点で見ることができ、固まり動けなかった「一歩踏み出せない理由」から解放されるかも知れません。

何より研鑽する仲間は、みな等しく「お互いさま」なのです。
一方的に得をすることも、強いて言えば「あたり」や「はずれ」もありません。
どの方との研鑽も「有意義」な時間だったと思えるあなたは、十分プロ意識を持っている方なのです。

リーディングの練習は相手がいない時でも大丈夫
あなたを含めて全てアカシックレコードだから、「人」以外もリーディングすることが出来ます。

食物と相性

ひとは、摂取した食物の相性によって、毛穴から揮発する匂いが変わります。
例えるなら
熟してるバナナを食し、暫くすると、誰でも甘い匂いはするけれど、
バナナと相性のいい人は、花の蜜のような匂いがして
相性が良くない場合、甘い臭い+錆びた鉄のにおいがする。
「錆びた鉄」のにおいがする時は、不調を感じる場合が多いです。
食後に感じる微細な「満足感」「好調」「不調」「違和感」など敏感に感じようとしてみること。
食物の相性は自分で知ることで自己認識にもなります。

自分なりの知り方で、相性の合う食物を知ることが大切だなど思います。
「〇〇がお勧めです」を鵜呑みにするのではなく、「自分が何に惹かれているのか」「いま、どんなものを食したいのか」を見つける。

食してる時、食後に感じた感覚を敏感に捉えようとすることは、
自分のパワーフードを見つける近道となります。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次